Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in C:\xampp\htdocs\css\style.php on line 2
Picasa - Picasaを使って位置情報付き写真をGoogle Earthで表示

Picasa

picasa

はじめに



Picasaはhttp://picasa.google.co.jp/ からダウンロードできます。


auのGPS携帯電話や、ハンディGPSなどのトラックログ情報と写真の撮影日時を時間マッチングして写真に位置情報を付与することができます。写真に位置情報を付与すると写真の中のExifの"GPSタグ"と呼ばれるところに撮影場所を記録します。一旦、"GPSタグ"に位置情報が記録されると、trk2googlemapsを使って、GoogleMapsを使ったホームページ上で公開などいろいろな使い道ができます。Googleの写真編集ソフトウェア 「Picasa」を使うと、位置情報付き写真の右下に+の記号のマークが現れます。このときGoogle Earthと組み合わせることでどういったところで写真を撮ったのかがわかるようになります。
gpsmark.JPG
ge2.JPG

写真に位置情報をつける

写真に位置情報をつけるやり方は現状大きく3つぐらいのやりかたがあります。

	1. auなどのGPS携帯電話やリコーのGPS機能連携デジカメを使ってカメラ単体で位置情報をつける。
	2. ハンディGPSやPDA+GPSユニットの組み合わせでトラックログを取得し、カシミールを使ってExifにGPS情報を付加。
	3. Sony GPS-CS1Kなどデジカメのオプション品のGPSユニットを使ってExifにGPS情報を付加。
	

これら3つに関して代表的な例を簡単に以下に記載します。

auのGPS携帯電話で位置情報付き写真を撮影

多くの場合、写真を撮影後、保存前に(ないしは写真をとる前に)

	「サブメニュー」→「GPS情報付加」を選ぶ
	センターキー「選択」→GPS情報を付加する

を行うと、位置情報が取得されます。
写真に位置情報が付与されると、位置情報が付与されているしるしとして、p_02.gifのようなマークが携帯電話上での再生時に表示されます。
個々の機種で付与の仕方は微妙に異なると思いますので、詳しくは携帯電話の取り説をみてみてください。ただ、単純に撮影しただけでは位置情報は付与されません。

カシミールを使って、トラックログとExifの撮影日時を紐付け

カシミールを使ってハンディGPSやPDAとGPSの組み合わせなどで取得したトラックログとデジカメで撮った写真との時間マッチングをとって、写真のExif情報に位置情報を付与することができます。カシミールでExif JPEGに位置情報を追加する方法は、 http://www.kashmir3d.com/kash/manual/hyp_exif.htm に方法が書かれています。

Sony GPS-CS1Kを使って位置情報をつける

Sony GPS-CS1Kに、GPS Image Trackerというソフトが添付されておりこのソフトでGPSユニットが記録したGPSログを、パソコンに取り込んで管理したり、取り込んだGPSログから写真の撮影地点を特定し、位置情報を写真につけることができます。カシミールのようにカメラの時計とGPSユニットの時計の時間差を調整する機能はないようですので、予め正確な時刻をカメラ側に与えておく必要がありそうです。

Picasaで読み込み

位置情報付きの写真が準備できると次はPicasaの上での表示です。
Picasaではデフォルトでハードディスク上の全ての動画・静止画を拾い集めにいきます。それはそれでもいいのですが、Windowsのフォルダにはいっているものや共有ピクチャにいるサンプルなどまでふくまれてしまい、ごちゃごちゃ感が否めません。
メニューの「Tools」- 「Folder Manager」を使うと管理対象フォルダが指定できます。それを用いて位置情報付きの写真が入っているフォルダを管理対象に加えます。
やりかたは管理対象にしたいフォルダを選択し、scan alwaysを選べばOKです。
FolderManager.PNG

位置情報付きの写真には右下に「+」のマーク(下図の赤丸で囲ったところ)がついています。このマークがついている写真はGoogle Earthと連携して、その位置を表示することができます。
gpsmark.JPG

Google Earthで表示

View in Google Earth (Google Earthで表示)

Picasaで+マークがついている写真を選択し、「Tools」-「Geotag」-「View in Google Earth」を選びます。
SelectViewInGE.PNG
すると、Google Earthが起動し選択した写真とその周辺の写真が表示されます。
ViewInGoogleEarth.PNG

Export to Google Earth File (KMZファイルの生成)

Picasaで+マークがついている写真を複数選択し、「Tools」-「Geotag」-「View in Google Earth」を選びます。
ExportToGE.PNG
Kmzファイルが生成されます。生成後Picasa画面右下に 「Click here to open file in Google Earth」と表示されるので、そのウインドウをクリックするとGoogle Earthが起動し、選択した写真がGoogle Earth上に表示されます。
OpenFileInGE.PNG