Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in C:\xampp\htdocs\css\style.php on line 2
home serverについて - 自宅サーバ構築日記 AthlonLE編

home serverについて

server

Notice: Undefined variable: short_title in C:\xampp\htdocs\css\style.php on line 108

1stインプレッション

ImpressのAKIBA PC Hotline (http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090516/ni_citx300.html)で紹介されていたユニットコムのUNI-ITX300/170Wを衝動買いしてしまいました。発端はこれまたGW期間中に衝動買いしてしまったNC81-LFとメモリ・Athlon 1660-LEのセット品で、これが80W以上の電源を要求するので手持ちの45W電源のmini-itxケースには入らなかったためでした。

で、届いたものをとりあえず写真で撮ってみました。

箱はわりと小さめ。キーボードは比較用


取り出した中身はこんな感じ





裏。付属品はケースの中に押し込められています。取扱説明書が存在していませんでした。
まあなくても別に作れるけど、取扱説明書がないというのはちょっと不親切な気がします。



NC81-LFとAthlon 1660-LEをいれてみました。ケーブル類が適した長さでないものも多く、ぎゅうぎゅう詰めです。


HDD(Samsungの1TB HDD)入れたところ。


2.5inchのSSDが中に入りきらず、VESAマウンタに挟み込みました。若干不格好ですが、高さは挟み込むのにぴったり。
OSインストール
ユニットコムのUNI-ITX300/170WNC81-LFとメモリ・Athlon 1660-LEのセット品で、サーバの入れ替え作業中。現状が Shuttle X27にCentOS 5.2を入れ、その上のvirtual box上にWin2kとWHS(試用期間切れ)が乗っかっています。

今回はWindows 2008 server R2のRC版の上にVirtualboxをインストールして、Win2kを移行させる予定です。WHSは再インストールして対応予定。

一発目に困ったのがUSB CD-ROMドライブが認識してくれないことでした。相性なんでしょうけど今更新しいのを買う気もしないので、 diskpartを使ってWindows Vista/7のインストールUSBメモリを作る 〜 http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1155diskpart/diskpart.html 〜 を見ながらWin2k8 serverのインストールをしました。リンク先はWindows 7/Vistaをインストールする方法ですが、Win2k8 serverでも特に問題なくインストールできました。

Virtual box上のWin2kはサーバを停止した後、VDIファイルをコピーして、win2k8 server上のvirtual boxで起動するとあっさり起動しました。ホストOSがcentosからwin2k8に切り替わりましたがなんの問題もありませんでした。

今は virtualboxを電源ON/OFFにあわせて、startvm /controlvm savestateする方法を模索中。ぐぐっても、ぴたっとくるのがみつからない。

3.5inch + 2.5inch * 2運用
ユニットコムのUNI-ITX300/170Wは「スリムベイ+2.5inch HDD」 か 「3.5inch HDD」の選択式です。今回1TBの3.5inch HDDを中に入れたのですが、バックアップ用途に2.5inch HDD(320GB)を、起動ドライブ用途にSSD(32GB)をそれぞれ用意しています。もちろんこれらは中に入らないんですが、VESAマウンタにCenturyの裸族のビキニ(CRBK2)を使って挟み込みました。挟み込んだイメージは↓こんな感じ。ケーブル類は中から引っ張り出しています。
VESAマウンタと本体の間の隙間からすると少し無理があるところもあるんですが、おかげでしっかり挟まりました。

これでハードもソフトもひと段落で、サーバを作業部屋から居間のサーバ置場(=TVの裏)に置いたところ、また別の問題が発生。。。ファンの音があまりにもうるさい。作業部屋は静かすぎてファンがうるさいと感じたのはそのせいかと思っていたんだが、半端なくうるさい。さてどうしたものか。






サーバ更新履歴
情報量0な話ですが、サーバ移行がおおよそすんだので、過去のサーバ更新履歴を記録。
はじめてのサーバからは、RAMは16倍、HDDは11倍に膨れ上がっています。
CPUも10倍以上高速になり、消費電力も約2倍(25W→50W)に。

2004年〜2008年11月 Eden 533/128MB/120GB/Windows 2000/25W


2008年11月〜2009年5月 Atom 230/2GB/530GB/CentOS 5.2/40W


2009年5月〜 Athlon 1660LE/4GB/1.3TB/Windows Server 2008 R2 (RC) /50W

HDD測定
おうちサーバNC81-LFにぶら下げているinnodisk ML-150とSamsung HD103UIのCrystal diskmarkでの測定結果です。

・Samsung HD103UI


・Innodisk ML-150 (32GB)